クレジットカードのスキミング被害について

クレジットカードは磁気テープに情報があります。
この磁気テープを読み取る手段のことをスキミングといいます。
昔は、キャッシュカードをスキミングし、銀行口座からお金を引き出すという犯罪がありましたが、今ではクレジットカードもスキミングの対象になってしまっています。

しかし、一般的なクレジットカード会社では、スキミング被害にあったと思われるものについては、クレジットの請求は行いません。さらに、自分から申告することで、スキミング被害にあったものの支払いが免除されます。
この点については、銀行ではスキミング被害にあったとしても、なかなか補償はしてくれないのと大きく違い、クレジットカードを持ち歩くより、クレジットカードを持ち歩いたほうが安全だと思われます。

ただし、一度スキミング被害にあったカードについては、すぐにクレジットカードの利用の停止をしないと補償をしてくれない可能性があるため、クレジットカードのほうが絶対に安全だと言い切れません。
以上から、まずスキミング被害にあわないためにはどのようなカードがいいのかということを考えて、クレジットカードを選択するのが一番いいと思われます。

スキミング被害の一番の対策は、磁気テープにある情報をスキミングでは読み取れなくすることです。
たとえば、ICチップ対応のカードがそれに当たります。
最近のカードは一般的にICチップがついていると思われますが、新規に作り際、ICチップがあるかどうかの確認は絶対にしたほうがいいと思われます。