クレジットカードの仕組み

クレジットカードって何?っていうことについて説明します。
そもそもなんでクレジットカードと呼ばれているかというと、クレジットカードの利用者とクレジット会社のCREDIT「信用」でなりたっているところからきていると思われます。

具体的にどのようなクレジットで成り立っているかというと、クレジットカード利用者とクレジット会社とクレジットカード加盟店の3者間の間で成り立っている信用になり、1950年代からこの仕組みで成り立っています。
この信用を元にして、クレジットカード利用者が加盟店で商品を購入する際、クレジットカードを提示することで、加盟店がクレジットカード会社が代金の支払いをいったんは肩代わりしてくれることで、利用者が商品を購入できるということになります。
もちろん、肩代わりしているので、最終的にはクレジットカード会社からクレジットカード利用者に対して使用した料金の請求が発生します。

ここで、料金の支払いが出来なかった場合、その利用者が信用できない人物として登録されてしまいます。
もし、ここに登録されてしまうと、後々住宅ローンや自動車ローンなどを組めなくなります。
支払いが出来ないというのは信用ができないということを意味するので、このような措置は当然の結果になります。
このようにして、クレジットカードは3者間の間でクレジットという名の信用で成り立っているというわけです。