クレジットカードとポイントの魅力性と問題点

現在、クレジットカードで支払うと必ずクレジット会社が管理しているポイントがつきます。
このポイントが魅力で、現金の支払いをしないで、クレジットカードを使う人もいるぐらいです。
実際にどのくらいクレジットカードでためたポイントがお徳なのかについて説明していきます。

一般的にクレジットカードを使用してたまるポイントは、購入代金の1%程度になります。
すなわち、常に1%の割引をうけていると考えても大まかに間違ってはいません。
ここでさらに意識しないといけないのは、クレジットカードによっては1%以上のポイントが貯まるケースがあるということです。
具体的には以下のようなケースになります。

自動車系のクレジットカードであれば、特定のガソリンスタンドで使用することで2%のポイントが貯まる
楽天であれば、土曜日にクレジットカードを使えば、2%以上のポイントが貯まる
ポイントアップモールから購入することで2%以上のポイントが貯まる
クレジットカード会社と提携を結んでいるお店で購入することで2倍のポイントが貯まる
などになります。

これらをことを意識することで、さらにお得な買い物ができるということになります。
しかし、ポイントをためたとしても使うことが出来なければ意味がありません。
そのため、ポイントをためる際はいつまでに何ポイントをためればいいのか、いつがポイントの有効期限なのかということをしっかりと把握していなければ、せっかく割引されたものが割引されないような状態になってしまいます。

クレジットカードで貯まるポイントは非常に魅力的ですが、ポイントをためる計画をしっかりと考えておかなければ無駄になるのでしっかりとした管理をしなければなりません。