クレジットカードがあれば問題ないという考え方について

クレジットカードは非常に便利なものです。
実際に使用してみればわかりますが、現金は必要に感じられません。
さらに、クレジットカードを使用することでクレジットカード会社が管理しているポイントが貯まり、現金で支払うことがばかばかしくなります。
同様に、公共料金を口座振替なんかするのもばかばかしくなってしまいます。

しかし、ここで注意をしなければいけないのは、クレジットカードは便利であるが上に必要以上に使ってしまうということです。
いつも現金で支払いをしていれば、現金がなくなったら買い物をすることが出来ません。
しかしクレジットカードはクレジットカードの利用上限に達するまで使用することが出来ます。
普通の人であれば、財布の中身よりクレジットカードの利用上限の多いはずなので、いつまでも買い物ができるというような錯覚に陥ってしまいます。

そのため、クレジットカードに頼っている人はお金をためることができないといわれています。
しかし、しっかりとクレジットカードの使用頻度・使用額を管理することが出来ていれば、この問題は解決されます。
ただ、使用頻度・使用額の管理は非常に難しく、ついつい使いすぎてしまうことが多いため、お金をためることが出来ないということになります。
したがって、クレジットカードがあれば問題ないというような考え方をしている人は、しっかりとした管理が出来ない限り、いつもクレジットカードで支払いをするべきではありません。