クレジットカードの付帯保険について

現在、クレジットカードを契約すると一緒についてくる付帯保険がある。
付帯保険としてついてくる保険の種類は、海外旅行保険が一般的で、旅行障害保険、ショッピング関連の保険、生活上でトラブルにあったと起用の保険がある。

海外旅行保険は読んで字のごとく、海外旅行をしたときのための保険である。
保険の対象内容は、病気や怪我による治療費、ものを壊したときなどに生じる賠償費用、盗難にあったときの携行品損害費になる。
保険金額についても、三井住友VISAカードでは一般カードで治療費が50万円、賠償責任費用が50万円・携行品損害費が15万円・救援者費用が100万・さらに障害死亡・後遺障害が2000万円となっており、一般の旅行保険と遜色のない保険内容である。
もちろん、カードのグレードが上がることで、保険金額も増額される。たとえば、ゴールドカードの治療費の保険金額は300万円になる。

旅行障害保険は海外旅行保険とほぼ同じだが、カード会社によって、国内旅行時をカバーしてくれる会社がある。
ショッピング関連の保険は、クレジットカードを使用して購入したものが破損したり盗難にあったりしたときに支払われる保険である。JCBカードでは、JCBカードでの購入日から90日間で年間最高100万まで補償する内容である。
この保険は高価なものを購入した際に使用ができるのでかなり有意義な保険である。
生活上でのトラブルにあった保険とは、空き巣被害や通り魔被害にあったときに支払われる保険です。ただし、保険金として支払われる金額はそこまで高い金額出ないことに注意しなければいけない。

以上が、クレジットカードに付帯される保険の内容である。